« たとえば野に咲く花のように | メイン | 《ピーア デ トロメイ》昭和音楽大学2 »

2007年11月 4日 (日)

《ピーア デ トロメイ》昭和音楽大学

2007昭和音楽大学オペラ公演

ドニゼッティ《ピーア デ トロメイ》

主催:昭和音楽大学

2007年11月3日(土)14時 テアトロ ジーリオ ショウワ

指揮:星出豊

演出:マルコ・ガンディーニ

ピーア:納富景子〔のうどみ・けいこ〕

ネッロ:折江忠道

ギーノ:ドメニコ・メニーニ

ロドリーゴ:吉田郁恵

ランベルト:渡邊朋哉

ウバルド:新後閑大介〔しごか・だいすけ〕

ピエロ:岡野守

合唱:昭和音楽大学合唱団

管弦楽:昭和音楽大学管弦楽部

●ヨーロッパでも滅多に上演されない作品の日本初演でした。「滅多に上演されない作品はつまらない」と切り捨てられてしまうこともありますが、私は同じくドニゼッティの《ロベルト・デヴェリュー》や《マリア・ストゥアルダ》が大好きで、稀曲でも面白いものはあるだろうと思って行ってきました。

●本編上演前に、幕前にて作品のあらすじ解説がありました。先にあらすじを知らないと分かりづらい演目ですし、良かったと思います。

●オペラが始まると、シンプルな舞台装置に、わりとオーソドックスな衣裳。これはこれで1つの行き方だと思います。ただ、照明が、役の重要度や物語の推移と関係なく立ち位置によって明るくなったり暗くなったりする感じで、合唱の顔は明るいのに主役の顔が真っ暗だったり、良く分かりませんでした。

●もうちょっと楽しめるかなと思っていたのですが、あまり面白くありませんでした…。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by Blogzine[ブログ人]
ブログ人登録 2006年04月23日